他のアプリで既に搭載されているものを組み合わせ、使い勝手良く改良されています。

海外では人気のWeChatとは

MENU

WeChat

使い勝手

中国発のアプリなので、仕様や操作にクセがあると思いがちですが、使い勝手のいいアプリです。
フェイスブックとLINEを合わせた雰囲気になっているため、既に両方使っているユーザーは、違和感や抵抗なくこのアプリを利用できます。
出会い系のような機能も搭載されており、それをいかがわしく感じる人もいますが、悪質なサイトも多いため、こうしたアプリ内の機能とした搭載されているのは、ユーザーによってはありがたく感じます。

 

 

シェア

200国をカバーしており、登録アカウント数は11億以上です。
また、アクティブユーザーが4億以上の点から見ても、実際に人気アプリであることが分かります。
ただし、日本においての知名度はそれほど高くなく、万人が知るようなアプリではありません。

 

 

特徴

“いいね”や“コメント”などの機能が使えるため、フェイスブックに非常に似た感覚のアプリです。
また、出会い系のように位置情報を元に友人を探すこともでき、遊び心にも配慮しています。
それぞれの機能にオリジナリティはなく、他のアプリで既に搭載されているものが多いですが、それらをうまく組み合わせ、使い勝手のいいように改良されています。
一言で言えば、“他のSNSのいいとこどり”という表現が合うアプリです。

 

 

安全性

位置情報を元にした出会い系機能、これをどう使うかで安全性は大きく変わります。
海外のアプリとは言え、これだけのユーザー数を誇るこのアプリ自体には、何の不安もありません。
ただし、そこで使える機能が安全かどうかは、ユーザー次第になってきます。
位置情報が分かるということは、使用場所によっては自宅も分かるということになりますし、安易な使い方はおススメできません。

 

 

WeChat

 

このアプリを開発した企業は、将来的には日本市場のシェアを増やし、フェイスブックを意識していることを公言しています。

 

このため、今後さらに充実した機能が期待できますし、それがアンドロイドユーザーの中心である中高生にヒットすれば、ユーザーが急増する可能性もあります。